シノノメ君というサメのお話

先日 江ノ島水族館で見てきたシノノメサカタザメ君のお話

シノノメ君


【篠の目名前の由来】

篠は篠竹の意味、篠竹とは細い竹つまり笹 篠の目とはこれを編んだ窓もしくはここから漏れるわずかな光の事。私が思うに体の表面にある白班が竹の目を通した光に見えるからこの名が付いたのではないでしょうか?真実は良くわかりません。

【シノノメ君はサメじゃない?】

サメ、エイの区別は鰓孔(さいこう)エラの穴が横にあればサメ、下にあればエイとなります。シノノメ君は下にあるのでエイなんですがなぜかサメという名前が付いています。呼び方の問題でどちらもおなじ仲間です。

【シノノメ君が見られる水族館は日本での10か所も無いかも?】

シノノメ君がいる水族館

おたる水族館
アクアワールド大洗
サンシャイン水族館
新江ノ島水族館
大阪海遊館
しものせき水族館海響館
足摺海洋館
いおワールドかごしま水族館
沖縄美ら海水族館

関東では3か所なんです。とても貴重で水族館はシロワニ(サメ)同様にのどから手が出るほど欲しいサメなんですよ。ここんとこ江ノ島水族館はもっとアピールしてほしいね。ちなみに絶滅危惧種ですから。

【シノノメ君は江ノ島水族館の相模湾大水槽にいるけど ホントにこんなのが相模湾に居るのぉ?】

当初、3個体居たうちの1匹は実際相模湾で捕獲されたものだそうです。ということはおいら竿にも掛る可能性は0じゃないかも?本来サンゴ礁の海にいるのでもう少し暖かいところが好きなのかもね。ちなみに普通のサカタザメは結構普通に相模湾で見られますよ。

サメのようなエイのような不思議な生き物、シノノメ君また見に行くから元気に大きくなってね~
スポンサーサイト

江ノ島水族館に行ってきました

江ノ島水族館は私の自宅から15kmぐらいです。午後から行ってきましたが春休みなので結構混んでいましたよ。

旨そうなイサキの群れ ほとんど8割以上の魚は分かるのでつい口に出してしまう。逆に知らない魚はじっくり見てしまう。水面の巨大な魚はたぶんスギだとおもう。この相模湾大水槽はえのすいのメイン、ここで一日中魚を見ていても飽きない。


2013032314490001
2013032314490001 posted by (C)nogumagu


その中で一番好きなのがシノノメサカタザメ、以前は2匹いてそのうちの1匹が巨大だったのだが1匹しかいなくなっていた。このスタイルが宇宙戦艦のようでとっても好き!ぬいぐるみがあったら絶対買うぞ!結構動きが速いので何枚も携帯で写真を撮ったが満足いくものは1枚もなかった。

2013032315190000
2013032315190000 posted by (C)nogumagu

サメやエイは水族館では花形の部類に入る。もう一枚変わったサメ トラフザメ
今売り出し中のこの子も人気が出そうだな。

2013032314590000
2013032314590000 posted by (C)nogumagu

アマダイとイズカサゴ(相模湾ではオニカサゴと呼ぶ)生きているお魚はやはり美しい・・・

2013032314520000
2013032314520000 posted by (C)nogumagu

もちろんクジラやイルカもいますよ。

2013032315290003
2013032315290003 posted by (C)nogumagu

にゃんたと比較して見ました。大きいでしょう

2013032315330000
2013032315330000 posted by (C)nogumagu

コウイカのコーナーも結構人が多かったです。混んでいて写真が撮れなかったけど・・
お泊り付きのナイトツアーに一度行ってみたいなぁ。


ちなみに嫁が友達に買った土産はこれでした。

2013032319390000
2013032319390000 posted by (C)nogumagu

ダイオウグソクムシ君おすすめ?

2013032315120000
2013032315120000 posted by (C)nogumagu



かつお包丁

久々にブログ登場です。

カツオ包丁です
2013032223570000
2013032223570000 posted by (C)nogumagu

最近、この包丁の出来の良さに惚れ惚れしています。まあ釣りにも行っていないんでピザ切るぐらいしか出番はありませんが。

この包丁の特徴はめちゃ堅くて丈夫で薄いという矛盾する2つの課題をクリアしているんです。なんでこんなに強いのと思っていたら、実はこの包丁畳を切る畳包丁の端材で作られているんですって、厚い井草を綺麗に切るには強くそして薄くなければならないんですな。

なんでもこの一本で魚を捌くってのには向いています。しかしちょっと慣れてくると刺身包丁や出刃にも手を出したくなるでしょう。それを差し引いても1本は持っていてもいい価値はあります。

カツオ包丁は黒打が好きです。価格も手ごろな方が実用主義で漁師チックだと思います。土佐でこの手の包丁は少し形状が違いますが千葉では良く見られますのでこの辺の流れを受け継いでいるのかなぁ?カツオ漁師が全国を北上しながら包丁の文化も広まって行ったのかと思います。

今年もカツオが豊漁だといいなぁ~









プロフィール

nogumagu

Author:nogumagu
大漁祈願

リンク
釣り親父な人達
ブログ更新状況
nogumagu定番船宿
dotcom-1.gif
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

百六十八のポケット

のんびりスマイル日記

Lucky 13 USA Presents ! "じゃ~釣りでもしてれば~”

沖釣り四方山話

釣りおやじどっと混む

さかな釣り。ときどき星空散歩
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる