fc2ブログ

釣った魚をおいしく持ち帰る方法

昨日の書いたがもう少し詳しく書くよ。これはあくまでの私の考え、鮮度を保つというのは案外難しいのだ。

ポイントは熱伝導、浸透圧、活け〆 クーラーの選び方


熱伝導
全ては水氷を作ることから始まる、氷水ではない、海水のみずごおり。空気の熱伝導率は低いが、水は高いから均等でしかも魚を素早く低温に保つことが出来る。つまり魚全体が水に漬かる必要があるのだ。解けた氷から出た水は帰りに捨てていけばいい。全体が冷え切っていればいいので重いだけだもの。このとき氷の解け具合と帰宅時間にによっては砕氷をプラスする。

浸透圧
水氷は海水で作る。理想を言えば氷が解けて塩分濃度が下がらない方法が良い、海水氷は手に入れにくいので保冷パックやペットボトル氷を使うのがいいかと。塩分濃度が下がると魚の体に水が浸透して水っぽさが残ったり、目が白くなり見栄えが悪くなる。魚屋の魚と釣り魚の差はココから来るものが多いと私は思うのだが。(当然釣り魚の方が旨い)


活け〆
魚は暴れると熱を発生する、カツオなどは身のたんぱく質が変質してしまうことがあるため大型魚は活け〆をする。サバなどは身が割れることがある。真夏の青物の体温は暴れれば30℃を越えてしまうのだそうだ。同時に血を抜き腐りやすい血液を外に出す効果もあるので生臭みを防止できる。また氷に突っ込んだらおとなしくなるような魚は氷〆で十分なのだ。

クーラーの選び方
保冷力の高いものは重い、その重さがあれば軽いクーラーに氷を追加しても重さは同じ。氷は釣り終了後に水を捨てていくことが出来るので帰りは多少軽くなる。こちらのほうが有利では?とも考えられる。密閉力がしっかりしていてそこそこの保冷力があればいいと私は思う。
ただしクーラーの底のゴムの足には注意。これがあると夏は日に焼けた甲板からの熱を伝導しにくいので保冷力が増す。オプションで付けられる機種もあるので確認したほうがいい。

その他
魚がクーラーの中で擦れると摩擦により目が白く濁ることがある。これについてはなんかいい方法がないかなぁと思案中。







スポンサーサイト



初心者必見!ライトタックル五目を10倍楽しむ方法

昨日はライトウィリーに行ってきました。朝から良いもの釣ろうと小魚エサに端物を狙ったが見事に玉砕 仕方なくおかず確保で11時頃からアジに専念、潮が早くて釣り辛かったけど、中アジ6匹ゲットでなんとか夕飯は確保できたよ。

今日も初心者の方が多かったのでウォッチしてきました。こんなところをこうしたらもっと楽しいぞ~という事を今日は書きますね。


仕掛け・小物・服装

ライトウィリーの仕掛けは針がたくさんあるので絡みやすい、予備はたくさん持っていこう!複雑に絡んだ仕掛けを解いていると船酔いしちゃうよ。2組セットを3枚ぐらい、あと足りなければ船長から買えばいいよ。宿でも超特価だからね。

使い捨てのカッパでもいいから必ず上下用意してね、軽い雨でもお尻が濡れると辛いものだ。濡れるというのは想像以上に体力を消耗するから要注意。帽子は雨でもあったほうがいい、カッパのフードがずり下がるのを防止するため、常連さんは雨の日はフードと帽子のツバを洗濯バサミや書類挟みのクリップで固定する、覚えておくと役に立つよ。

日焼止めは夏は必需品、日焼けしたくても必需品だから。襟下、耳の後ろ、短パンなら膝、膝上は特に焼けるので要注意、なめていると翌日会社で苦労するよ。帽子の代わりにサンバイザーを使おうものなら、髪の地肌が焼けてフケやハゲの原因にもなるので必ず帽子を。


危険防止
ライトウィリーではビシという鉛の付いたカゴを使用する。ブラブラさせて顔にでも当たったら大変危険。特に魚を取り込む時にありがちなんだな。

ビシの正しい扱い方
魚がかかったらリールを巻いて、竿を平行した時点でビシが海面に出たら巻くのを止める。
道糸を手に取ったら竿を船べりに垂直に置く。
ビシを手繰ってコマセの桶に入れる。
後はハリスを持って魚を抜き上げる。

ビシをブラブラさせたままサバなどの魚が暴れると非常に危ないので要注意。サバやワカシなどの力の強い魚が多かったら針数を先端の1本にするのもいいと思う、魚の着いていない針で怪我をする恐れがあるからね、特に女性には気を使ってあげよう。

おいしく食べる

釣ったお魚は魚屋で買うお魚よりもずっと鮮度が良いし、自分で釣った魚なら事のほかおいしいはずだ。お魚を上手に持ち帰るコツ。

氷はたっぷり、今なら最低2KGは必要。(ブロックなら1個)釣場に着いたら海水をバケツで魚が完全に水没するぐらいまで入れて置く。釣れた魚はバケツに長時間泳がせないでクーラーの中へ入れる。帰りには重いのででクーラの中の水を捨てる。帰り際に氷が少ないかな?と思ったら100円の砕氷を買ってクーラーに入れて帰る。

特にサバは痛みやすいので注意、新鮮な魚は刺身が旨いが腹骨は分厚く切っておいたほうが無難、アニサキスなどの寄生虫はたいていこの付近か内臓に存在するから。もちろん加熱すれば死滅しますからね。

アジを釣りたい!

アジにはマアジとマルアジがいるがおいしいのはマアジ。こいつを釣るには。仕掛けが底から1m~3mぐらいのところを狙おう。マルアジやイサキは高い棚にもいるがマアジは底付近が好きなのだ。

仕掛けが2mの場合。

1 底に着低。糸ふけを取る。
2 すぐ道糸のマーカーの白い線を目印に2m巻く。マーカーは1mごとに表示してある。
3 しゃくってコマセを振る、1m巻いて2秒待つ。(仕掛けの先端はそこから1m)
4 しゃくってコマセを振る1m巻いて2秒待つ。(仕掛けの先端はそこから2m)
5 1m巻いて2秒待つ。(仕掛けの先端はそこから3m)

リールをフリーにして着低させ1から繰り返す。これで1セット。当たりなければ回収してコマセを詰め替える。

ポイント・しっかりコマセを振る。空いてる手で竿のグリップの前辺りに添えると力が入る。

根が荒いときは上から棚取りすることもありますが、基本はこれでOK。














プロフィール

nogumagu

Author:nogumagu
大漁祈願

リンク
釣り親父な人達
ブログ更新状況
nogumagu定番船宿
dotcom-1.gif
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

百六十八のポケット

のんびりスマイル日記

Lucky 13 USA Presents ! "じゃ~釣りでもしてれば~”

沖釣り四方山話

釣りおやじどっと混む

さかな釣り。ときどき星空散歩
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる