fc2ブログ

相模湾 中間決算

ちょっと集計してみましたよ。
こんなときブログは資料が残るからいいね。

2006年秋から今まで、平塚の鯛釣り自己調査

釣行回数         10回
釣った鯛の数       9枚
1回の最大枚数      3枚
鯛釣果ありの日      7回
鯛坊主の日        3回
平均枚数         0.9枚
一番大きい鯛       1キロ
おいしい外道       イナダ、イトヨリ、イシダイ1.2kg、アジ サワラ  
もしやの大物バラシ回数  2回

平均的に釣れているが1枚の日が6回、安定はしているがビックワンはいないんだな。
無理やり釣っている感じがするなぁ。2月~3月は型狙いだね。

スポンサーサイト



食い棚を探せ!

鯛釣りで迷うのが棚なんだな。

ビシ棚 ビシの位置 エサ棚 着け餌の位置

相模湾の場合は底から棚取りが多いからね。一般的に船長が指示するのはハリス分。クッション1m+6mハリスでハリスがまっすぐ降りていた場合、底から測るとビシ棚7mでエサ棚0m(つまり底)

しかしながら潮が流れているのでこの可能性は限りなく低い。実際は底からある程度離れているはずだ。鯛は一般的に底から3m以内にいることが多いと言われている。これは主に砂地の場合で高根の場合はもっと上を回遊している可能性もある。つまり船長の言うハリス分は実際には底からちょっと上と考えるべきである。

鯛はなにも餌棚だけで食うわけでもない、落下中に食っている事も多々ある、食う可能性のある層を通過する確立が高ければヒットする可能性も高い、だから船長の言うハリス分の棚は底7mから底付近まで餌が流れるので、実に合理的なのだ。基本はこれ、でもこれだけじゃダメ。潮が早かったら底から離れる可能性もあるし、潮がゆるかったら底付近の餌取りに先に餌をとられやすい。

棚を知りたかったら周りの人の釣れる魚をチェックしよう。大体基本のハリス分で狙っているはずだ(常連さんは何をやっているかわからんのでダメね)。底物(ガンゾウやトラギス)などが釣れていれば潮はゆるいとみて高めに棚を調整しよう。逆に何もかからなければ潮は速い可能性もあるので棚を下げてなにか当たるか試してみても良い。

一日の中でも潮も変わるし棚も変わるので、とりあえず色々試してみることが成功の近道ではないだろうか?それでもダメなら?ハリス短めでアマダイでも狙っちゃいましょう!?














プロフィール

nogumagu

Author:nogumagu
大漁祈願

リンク
釣り親父な人達
ブログ更新状況
nogumagu定番船宿
dotcom-1.gif
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

百六十八のポケット

のんびりスマイル日記

Lucky 13 USA Presents ! "じゃ~釣りでもしてれば~”

沖釣り四方山話

釣りおやじどっと混む

さかな釣り。ときどき星空散歩
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる