最近エビが安いわけ

家の子供も大好きなエビ~ 最近めちゃ安いのはなんでかな?なんて思っておりました。


輸入エビと言えばブラックタイガー、バナメイエビ、アルゼンチンアカエビあたりがここ最近魚屋でよく見かけますね~

【ブラックタイガー】

 このエビが大量に日本に入ってくるようになって国産エビの需要は急落しました。東南アジアでは田んぼに海水を入れて養殖したため塩害が社会問題になったりしています。やや大ぶりで歯ごたえも良いため天ぷらなどに最適です。輸入エビの中でも価格は高め。

【バナメイエビ】

 ブラックより小型ですが今や輸入量NO1の座になりつつあります。少し小さめなので天ぷらには厳しい?かも、冷凍むきえびの大半はこれですね。このエビは浮遊性なのでブラックより大量に養殖出来んですよ。淡水での養殖の可能、病気に強い、しかも安いですから一気にシェアを伸ばしてきました。
昔、食ったときにちょっと臭くてまずかったのでバカにしてたんですが、もともとヨーロッパ向けの輸出物だったので鮮度が悪かったんですね。最近は日本向けに冷凍技術が進んできたので品質は格段に向上しました。身は柔らかめでエビチリやフライなど幅広く使用されます。バナメイはクルマエビの学名だそうです。

【アルゼンチンアカエビ】

大きくて安い、甘い、回転ずしのボタンエビって言えばこれです。このエビ立派なのになんでこんなに安いの?って不思議におもいませんか。その理由は漁の仕方にあるんですよ。こいつも浮遊性のエビでしかも狭い場所に大量に発生するので網で一網打尽なんですな。底引きでクルマエビを取るのとは取れる量が大幅に違うんですよ。刺身が一般的なんですが加熱しても身が痩せないので焼き物にも向いています。おいらのオススメはしゃぶしゃぶです。甘みが増しますよ。

【国産 クルマエビ】

かつて江戸前のエビと言えばクルマエビだった。これがですね今や輸入エビに押されて売れないんですね、活けで3匹1000円でぐらいだから寿司屋も手を出さないんですわ。クルマエビのやや小さめものをサイマキと呼ぶんです。これの天ぷらなんか最高だけどやはり価格で売れないんだなぁ。






スポンサーサイト

また 行ってしまいました。

今日も昨日の池に行ってしまいました。かみさんも子供も気に入ったみたいで、歩いてテクテクお散歩です。距離は大したことないんだが勾配がきついんで丘を一つ越えてく感じです。

携帯で撮りました。ここは望遠レンズなどなくても野鳥の写真が撮れます。

今日のマガモ君

20100411(001).jpg 

こちらがメスみたい。

20100411(002).jpg

今日のカメさん

20100411(003).jpg

目の後ろに赤い模様があるのがアカミミガメの特徴です。

20100411(006).jpg

マガモ君はそろそろ飛び立ってしまうかもしれませんね。

近所の池に30年振りに行って来ました。

昔、子供の頃サリガニやクチボソ、ゴクラクハゼを獲った池にかみさんと子供を連れて行ってきました。歩いても行けるぐらいのとこなんだけどね。

綺麗な公園となり、昔の面影は消え去っていました。驚いたことにココにメダカがいたのです。子供の頃はいなかったと思うんですが。ちょっと嬉しくなりました。

亀さんもいました。ミドリガメの大きくなったミシシッピアカミミガメ、コロンビアアカミミガメです。日本在来種のカメは見当たりませんでした。

20100410(001)_1.jpg 

散りゆく桜の水面にカモもいました。人に慣れ過ぎてますね、携帯でもこの距離で写せますから。野生を失っちゃいかんよカモ君。

20100410(004)-001.jpg

カメさんとコイのコラボ、メダカもココにいるんだけど見えないよな。

20100410(002).jpg

ホントは外来種のミドリガメや錦ゴイのいない昔の姿に戻して、子供が成長したら泥んこになって魚獲りでもしてもらいたいけど現実は厳しいみたいです。今の時代、珍しいものが居るとか書かれるとあっという間に絶滅の危機に瀕しますし、子供が池に入ったら危ないと外側をフェンスで張り巡らされますから。

失った物は環境が整い綺麗になったからとて戻ってこないんだなぁ・・・ メダカさん時々にゃん太と遊びに行くから元気でいてね。

 

アニーよ!虫を取れ!

はーい 水産関係者の皆様

アニサキス 怖いですねぇ~

でもサバは食いたいですね~

と言うことでアニーちゃんについて調べてみました。

ひとつ~ アニーちゃんは本来イルカやクジラの寄生虫である

ふたーつ アニーちゃんは沖アミなどを仲介して魚に寄生する

みっつ  アニーちゃんはお酢では死なない 醤油も生姜もだめ~

よっつ  アニーちゃんは75°以上のお湯なら数秒で死滅する

いつつ アニーちゃんの住処は魚の内臓である

むっつ アニーちゃんは宿主である魚の死後は筋肉に移動することがある

ななつ アニーちゃんが魚にいる時ははリング状のミミズ腫れのように見える

やっつ アニーちゃんを食べるとかなりの激痛が走る

     (手術の必要はないが間違って誤診で切られる可能性あり・・)

ここのつ アニーちゃんを一度食べた人は痛みが少ないらしい

とお   アニーちゃんは郷ひろみのお腹にいたことがある

小田原は全国的に見てもアニーちゃんの被害が多いところらしい・・・

基本的に沖アミ食べてイルカやクジラに食べられる魚の確率が高いらしいから

アジやサバ タラ サケなんかは幼虫だけに要注意だ~

今度から〆サバは冷凍しよう~

沖スズキ?ナイルパーチから見えたもの

ナイルパーチは日本のアカメに似た魚。グーグルで探索したら最初に平塚のルアーショップ・ライズの記事があったよ、水産関係者の世界も意外と狭いのね(笑)昨日ちびっと書いたのでちょっと調べてみたら興味深い映画にぶち当たった。

ドキュメンタリー映画 ダーウィンの悲劇

ダーウィンの悲劇


東アフリカ三カ国に広がるアフリカ最大のビクトリア湖に、ナイルパーチという外来の大型魚が導入され、固有種が絶滅したり、水草が異常繁殖したりと湖の生態系が大幅に破壊される一方ナイルパーチの加工産業が栄え、海外へも輸出されて外貨を稼いでいる。その生み出された雇用の陰で、売春、ストリートチルドレン、エイズ、など暗い姿も映し出される映画です。

見てもいないので映画の批評など毛頭書く気もありません、ブラックバスなどの外来魚がどうたらとも言うつもりはありません。この映画が本当の真実を映していているとも思いませんが・・・

これだけは言えるかも、自分で釣った魚を食べる事は幸せだと思います。

プロフィール

nogumagu

Author:nogumagu
大漁祈願

リンク
釣り親父な人達
ブログ更新状況
nogumagu定番船宿
dotcom-1.gif
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

百六十八のポケット

のんびりスマイル日記

Lucky 13 USA Presents ! "じゃ~釣りでもしてれば~”

沖釣り四方山話

釣りおやじどっと混む

さかな釣り。ときどき星空散歩
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる